2016年4月6日水曜日

「いいまちだ!」

ひえばた園 2016.4.3(晴れのち小雨)
乾田苗代に種まきをしよう!のイベントをしました!

今回は3ファミリーのご参加がありました。ありがとうございました。

棚田のイベント会場に着くなり、「走りたーい」と田んぼの中に駈け込む子どもたち。

ひとしきり走り終えた後、「観覧車も見える!・・・いいまちだ~!」と叫ぶ男の子。名言!

まわりの大人たちも「そうだね~!」と素直なコメントに納得しながら
会場へ。

長く続く田んぼ道をめいいっぱいの力で走り抜ける。

きれいな道端の草花を大好きなお母さんへプレゼントする。

全身を使っても表現しきれんばかりの子どもたちの喜び!




ちょっと米の苗について学ぶ時間。



 クワを持って、耕す。(力持ちやなぁ!)



お母さんと一緒に!
とにかく細かく土を砕く作業。
しんぼう強くないとできない・・・
みんな、思い農機具を持って一生懸命砕いてくれました。



ひとやすみも必要!気持ちよさそうなヒトコマ・・・


やっと、種をまくぜぃ~


均等にまくぜぃ~
これも慎重な作業。均等にしないと、強い良い苗にならないぜぃ~

「げんきなお米になりますように」って言いながら、一粒一粒を丁寧にまいてくれました。


そして、鎮圧作業(土と種の隙間をなくす)板の上に乗って、ジャンプしながら進みました。
働き者の子ばかり!結構体力使うよ

上から籾がら燻炭を播く。
手に持ちきれないほどのクンタンを持って
この後、また板の上に乗って鎮圧
みんな、めいっぱいの力で農作業を体験してくれました。
ありがとう!
俵おむすびを食べて
記念の一枚


ひえばた園の田んぼで、お米を囲んで

お米には神様が宿っているんだよ
 ぼくそれ、保育園の時にもう習ったよー            

お米作るの大変だね、大事に食べないとね


っていう親と子の会話なども。

春休みのよい思いでになるといいな
ひえばた園がきっかけをつくれる場になれば



イベントを思い出しながら
稲たちもこの子たちみたいに一生懸命、すくすくと育ってほしいなと
しみじみしていました。
ありがとう!未来の希望たち!!またいつでも来てね^ ^

おまけに・・・特大!農園の隅で、ひっそりと大きくなっていたカブトムシの幼虫
みんなにプレゼントしました。
子どもたちも退くほどに大きい!

私たちもどうしたらよいかわからないほど、この大きいのが
100匹以上いますので
欲しい人はどうぞお知らせください。


0 件のコメント:

コメントを投稿